今話題のゴーストキッチンとは?

 

日本ではあまり耳なじみのない言葉だが、「ゴーストキッチン」とは何か、何が魅力なのかを調べてみた。

「ゴーストキッチン」は簡単に言うと、インターネット上に開業する料理宅配専門店(デリバリーサービス)

コロナウィルスによって人気に火がついた料理宅配(デリバリーサービス)
それに伴い、飲食業界では【ゴーストキッチン】のシェアが拡大している。

 

 

ゴーストキッチンの人気の理由?

ゴーストキッチン(デリバリー専門店)の最大の魅力は、「インターネット上に開業する」という点にある。

・集客活動
Uber Eatsや出前館など宅配代行業者を多くの店舗が使用している。
宅配代行業者へ手数料として配送料や売上の数パーセントを払って何故利用するのか。
多くの店舗は広告費と考えるようだ。

ポスティング、SNS等での集客活動は、求めている人へ「届ける」までの費用や労力かかりすぎるため、オンラインデリバリーサイトを利用することによって、人件費の削減また集客活動の近道になると考えられている。
サイトを訪れる方は言わば「求めている人」、顧客になる可能性が高い
その為、大手や地域に特化した宅配代行業者を利用している店舗が多いようだ。

初期投資
実店舗を持つ場合は、立地とニーズに合わせた店舗選びが重要視している方は多いでしょう。
賃料、改修工事、看板、内装備品、厨房機器、メニュー表、食器など、開業するだけで莫大な費用が必要だが、
ゴーストキッチン(デリバリー専門店)は、場所も選ばず店舗の広さも必要ないため賃料を安く抑え、改修工事費も低コストで開業することが可能である。

トレンドや季節に合わせたメニュー開発・追加、そしてその逆にメニューの削除をオープン後に行い、在庫管理を毎日の営業から分析し実施することが出来る。